FC2ブログ


全件表示TopRSSAdmin
REDHAT ENTERPRISE LINUX(Free-30-day) のダウンロード手順
2005 / 05 / 15 ( Sun )
今回はREDHAT ENTERPRISE LINUX WS ダウンロード

Free 30-dayといっても30日たったら使用できなくなるわけではなく30日でup2date(パッチ適用)が出来なくなるということです。

・以下のURLに移動

http://www.redhat.com/

・[Red Hat Network]をクリック

・[Create Login]をクリック

・[Create a new Personal Login]をクリック

・各入力情報をいれて[Create Login]をクリック

・メールがRHNから届く。メールの内容にURLが記載されているので、
 そのURLにアクセス。

・『Red Hat Network Email Confirmation』が表示される。

・再度以下のURLに移動

http://www.redhat.com/

・[DOWNLOAD]をクリック

・[Free 30-day evaluation subscription]をクリック

・CLIENT SOLUTIONS の [Red Hat Enterprise Linux WS]をクリック

・各入力情報をいれて[Submit]をクリック。

・メールがRHNから届く

・メールの内容に http://www.redhat.com/activate とURLがあるので
アクセスし、メールに記載されている、
「The following registration number has been assigned to your XXXX Red Hat login account.」の16桁の英数字を入力する。
[By proceeding with subscription activation, I acknowledge that I have read the Applicable Agreement for my Red Hat product and consent to its terms.]のチェックボックスにチェックをつける。
[Registar]をクリック

・[Continue]をクリック

・[YES]My start date is accurate. Please process my selection.をクリック

・[Continue]to complete registration and access support. をクリック


・メールに記載されている以下のURLにアクセス。

http://www.redhat.com/software/rhn/

・[Red Hat login:],[Password:]を入力する。

・[channels]をクリック

・ダウンロードしたいパッケージをクリック

 今回は [Red Hat Enterprise Linux WS (v. 3 for x86)] をクリック

・[Downloads]をクリック

・Red Hat Enterprise Linux 3 Update 4 WS (x86) の

 [Binary Disc 1] をクリックしてダウンロード
 [Binary Disc 2] をクリックしてダウンロード
 [Binary Disc 3] をクリックしてダウンロード
 [Binary Disc 4] をクリックしてダウンロード


後はCDに焼く。
 もちろん、そのままisoファイルをCDに焼いたらだめ。
 フリーのDeepBurnerを使えばよい。

 [Burn ISO image] を選んで[NEXT]をクリックしてisoファイルを選択して焼けばよし。


20 : 22 : 10 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<Fedoraで文字コードをUTF-8からEUCにする手順 | ホーム | mysql-4.0.24 のインストール手順>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://redhatman.jp/tb.php/13-4d1796cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |