FC2ブログ


全件表示TopRSSAdmin
rsyncでバックアップ(sshでパスワードなしでログインする設定)
2005 / 06 / 27 ( Mon )

rsync コマンドは以下のように使う。

root# rsync -avz -e ssh (バックアップ元ディレクトリ) (バックアップ先マシン名):(バックアップ先ディレクトリ)

がしかし、sshでつなぐのでパスワードがいる。。。
ssh接続でパスワードなしの設定をしてみる。

・clientサーバ(バックアップ元)
・backupサーバ(バックアップ先)

1. clientサーバ(バックアップ元)で秘密鍵と公開鍵のペアを作成

client@root# ssh-keygen -t rsa
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/root/.ssh/id_rsa):  ⇒[enter]
Enter passphrase (empty for no passphrase):  ⇒[enter]
Enter same passphrase again: ⇒[enter]
Your identification has been saved in /root/.ssh/id_rsa.
Your public key has been saved in /root/.ssh/id_rsa.pub.
The key fingerprint is: aa:bb:cc:dd:ee:ff:gg:hh:ii:jj:kk:ll:nn:mm:oo:pp root@client

/root/.ssh/ディレクトリに秘密鍵(id_rsa)と公開鍵(id_rsa.pub)が作成される。


2. rootユーザでsshを使ってログインできるようにする。

backup@root# vi /etc/ssh/sshd_config
PermitRootLogin yes

・sshd再起動
backup@root# /etc/rc.d/init.d/sshd restart

3. 公開鍵(id_rsa.pub)をbackupサーバ(バックアップ先)サーバへコピー

client@root# scp /root/.ssh/id_rsa.pub backup:/root/.ssh/id_rsa.pub.client
password:


4. autorized_keys の作成

backup@root# cd /root/.ssh
backup@root# cat id_rsa.pub.client >> /root/.ssh/authorized_keys
backup@root# chmod 600 /root/.ssh/authorized_keys


5. 鍵方式のみバックアップサーバログインを許可する設定。

backup@root# vi /etc/ssh/sshd_config
PasswordAuthentication no


・sshd再起動
backup@root# /etc/rc.d/init.d/sshd restart

これで、sshを使ってパスワードなしでbackupサーバにログインできるはず。
できたら、rsyncも確認してみる。

以上。



20 : 08 : 19 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<log4j(logging-log4j-1.2.9.tar.gz)のインストール | ホーム | qmailのエラー(no_mailbox_here_by_that_name._(#5.1.1))>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://redhatman.jp/tb.php/45-fea182bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |