FC2ブログ


全件表示TopRSSAdmin
phpPgAdmin の インストール
2005 / 10 / 31 ( Mon )

すでに、apache2 と postgreSQL と PHP をインストールした後に「phppgadmin」をインストールする。
僕の環境では「phpPgAdmin-3.5.5-1.src.rpm」でインストールできた。

http://ftp.icdevgroup.org/phpPgAdmin/

上記のURLから「phpPgAdmin-3.5.5-1.noarch.rpm」 「phpPgAdmin-3.5.5-1.src.rpm」
をダウンロードした。noarch とはどのアーティクチャにも依存しないという意味らしい。なのでこちらでインストール使用とした。

root# rpm -Uvh phpPgAdmin-3.5.5-1.noarch.rpm
エラー: Failed dependencies:
        /usr/bin/php is needed by phpPgAdmin-3.5.5-1.noarch
        php >= 4.2 is needed by phpPgAdmin-3.5.5-1.noarch
        php-pgsql >= 4.2 is needed by phpPgAdmin-3.5.5-1.noarch
        webserver is needed by phpPgAdmin-3.5.5-1.noarch

ぐふぁ(吐血・・・
phpのインストールしてる場所も違うし、なんかいろいろ必要だよって怒られている。
なので、「phpPgAdmin-3.5.5-1.src.rpm」に変更

root# rpm -Uvh phpPgAdmin-3.5.5-1.src.rpm

そしたらインストールできた。ログ控えるのわすれたw

最終的には、/usr/local/apache2/htdocs/tools/phpPgAdmin/ 配下にファイルが展開されブラウザで、http://[サーバアドレス]/tools/phpPgAdmin/index.php にアクセスするとphpPgAdminのログイン画面が表示された。

といいますか、このツール凄いなぁ。
たった、これだけのインストールコマンドで使えるようになるなんてぇΣ('∀`;)

以上でつ~。



23 : 23 : 38 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<postgreSQL で バックアップ と リカバリ | ホーム | ネットワークのトラフィックを調査するツール(iptraf-2.7.0)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://redhatman.jp/tb.php/71-8a413a1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |